★アトピー性皮膚炎のツボ★

名前 = U・M
性別 = 男性
age = 20to29
メッセージ =
= アトピー性皮膚炎に効くツボを教えて下さい。



Uさんへ
こんにちは!
ツボ探険隊の松岡です。
現在数多あるアトピー治療法でも全ての患者さんを治す治療法はやはりまだ無いようですね。
どの治療法もそれなりに何割かの患者さんは治っても必ず治らない多くの人達が出てきているのです。
一口にアトピーと言っても一人一人の症状も罹患年齢もかなり違っていますのでそれぞれ病因が特定されない事も周知のことですが、ケース・バイ・ケースで、
もっとも有効な治療法も現況では各自違っていると考えるべきなのではないでしょうか。
 ツボ治療においてもアトピー性皮膚炎はやっぱり”難病”ですね。
ツボ刺激でほぼ完全に治る方もおられますが全てのケースを治す事はやはりたいへん難しいと実感しています。
精神的なストレスによって症状に大きな変化を来す方も多いので、
実際には個別に診察しない事には、その方のアトピーを治す本当の治療ツボは決められません。
 しかしどのタイプのアトピーにも効果的な共通のツボもありますのでそれらのツボをご紹介しましょう。
 まずアトピー治療において最初にやらなければ成らない事は”かゆみを止める” これに尽きます。
まったく掻かなければ症状はひとまず落ち着くものですからね。
以下のひとまず”かゆみを抑えるツボ”を刺激してみてください。
軽症のケースであればこれらツボだけでずいぶん良くなりますよ。
画像をよくご覧になって、ツボ部分に「米つぶ」などの突起物を絆創膏でしっかり貼り付けて下さい。
ツボの正しい場所の感覚は”ツボの見つけ方”のページで確認して下さい。

●手の列欠(れっけつ)(肺経上のツボ)手の甲の親指側の手首にある横筋の上約3センチの所
●手の合谷(ごうこく)(大腸経上のツボ)手の親指の骨と人差し指の骨の交点から少し上の陥凹部
●手の曲池(きょくち)(大腸経上のツボ)肘を曲げて出来る横筋の外側の先端の陥凹部
●足の三里(あしのさんり)(胃経上のツボ)むこうずねの骨の外側を膝から3寸(約5〜6センチ)下がった所
その下の豊隆ツボに反応があればここもプラスして刺激しても良いです。

画像は下段にまとめて掲載していますので良く見てください
 
※アトピー性皮膚炎の原因は諸説ありますが、上記のツボはどのタイプのアトピー性皮膚炎にも ”かゆみを抑える”効果がはっきり現れるのです。
この事実から推察すると、つまりこれらのツボ群の性質(ツボの素性=これらは全てお腹の異変を正すツボばかりです)から逆算して考えると、
アトピー性皮膚炎とは(或いは他の多くのアレルギー疾患も含めて良いと思いますが) とにかく 
"お腹の働きの何らかの異変、不具合で起こる病気”(胃・十二指腸、小腸などの生理機能不全)であることは確かでしょうね。
この面からの新たな突っ込んだ研究が今後とも必要であると思っています。
 

アトピー性皮膚炎のツボ

列欠(れっけつ)(肺経上のツボ)
手の甲の親指側の手首にある横筋の上約3センチの所
合谷(ごうこく)(大腸経上のツボ)
手の親指の骨と人差し指の骨の交点から少し上の陥凹部
曲池(きょくち)(大腸経上のツボ)
肘を曲げて出来る横筋の外側の先端の陥凹部
三里(あしのさんり)(胃経上のツボ)
むこうずねの骨の外側を膝から3寸(約5〜6センチ)下がった所


豊隆(ほうりゅう)(胃経上のツボ)
外くるぶしの上、約15〜16センチの所、押して痛い所

Q & A に戻る
ツボ探検隊の表紙に戻る