★豊胸治療法★

名前 =さほみ
性別 = 女性
age = 20to29
メッセージ =
お聞きしたいのですが、 ツボには豊胸効果があるものはありますか あれば、どの箇所にあるのか またどのようにすればいいのかを教えて下さい。




さほみさんへ
豊胸そのものを目指したツボというのは中国医学的には根本的にはないと思うのですが、バストを大きくする針治療方法は有るんです。

まずツボが発見されていない理由ですが「ツボ」というのは身体の不調を人体が自力治癒の為に体表に表現したものですから、 基本的に健康な状態では「ツボ」は現れないはずなのです。

お産が済んでも乳腺の発達が悪かったり、貧血状態がひどい等々の理由で母乳が出ない時などは「ツボ」が現れてその部分を治療すると体調が良くなり母乳がよく出るようになるのです。 そう云う健康な状態なら出るはずの母乳を出すためのツボは有るんです。

もう一つ私が思うに中国では、バストが大きい事を尊重する考え方が今はまだありませんね。
中国でも南(広東人)では比較的胸の大きな女性もいますが上海や北京など北方ではまず80%以上の女性はAカップだと思いますよ。
日本女性に比べると手足が長く体格は立派ですが胸の小さい人がほとんどですね。
ですから逆にバストの大きな人は恥ずかしくてそれを隠そうと胸の目立たない洋服を選んでいるようです。 (昔の日本女性もそんな感じでしたよね)

と言う事で美容上の理由のみで「胸を大きくするツボ」のニーズがツボの本場中国でまず無かったという理由もあると思います。

バストを大きくする鍼ですが これは「ツボ」ではなくて胸の中の乳腺周囲に直に針を打って 乳腺の血液循環を促進して栄養を十分に与え乳腺の発達を促す、早い話バストを太らせる方法です。

実際におっぱいの中に鍼を刺してみると極端に小さい胸の人は乳腺周囲の筋肉が硬く凝っていて鍼を十分に胸の中に入れるのに大変な力が必要な状態です。
それで鍼によって少しずつ胸の中の乳腺周囲の凝りをほぐしていくと 一気に血行が良くなって胸の色艶や柔らかい膨らみが生まれてきます。

その意味では乳腺や胸筋の凝った状態を解すのにもっとも良いツボを コツコツ検索すれば豊胸効果の有るツボも見つかるはずですが、 どっちにしても直接胸に鍼を刺す方が効果が高いことははっきりしていますから 鍼灸師ならツボを捜すよりも胸に鍼を打った方が簡単なので間接的な治療の為のツボを捜す手間は取らないですよね。

ご参考までに豊胸治療中の写真を添付します。 この方の場合は30歳を超えているために大きくすると同時に バストアップの為に刺した鍼をご自分で上に引っ張りあげて頂いています。


@ 胸をつまみ上げて約20センチの長さの鍼を肋骨上を平行に刺します。
針先が絶対に胸郭内に向かわない様に細心の注意が必要です。

A 最初の治療は左右の胸に二本ずつ刺します。二回目からは鍼の位置を外側に広げて刺します。

左胸は特に心臓に針先が向かわないように要注意。
B この様に両胸に刺します
C この方の場合はバストアップ効果も望まれているので、刺した鍼をねじりながら上に持ち上げます
D ねじった二本の鍼を重ねてもう1度ねじって上に持ち上げ一本の様にします
E この様にしてねじった両胸の鍼を患者さんに上に持ち上げて持って頂きます。
F 約20分程度このままの状態で持って貰います。患者さんの表情を見ていただくお分かりだと思いますが痛みはほとんど有りません。

Q & A に戻る
ツボ探検隊の表紙に戻る