★術後の便秘★

名前 = F・R
性別 = 女性
age = 20to29
メッセージ =
> はじめまして。今年から看護研究をはじめないといけません。そこで、テーマとして上がっているのが『便秘に対するつぼ押し』です。しかし、一般のつぼ押しをしても 研究 になりません。そこで考えているのが、手術患者に行うつぼ押しです。私が勤めて いる 科は、婦人科です。開腹になると、腹部に創部があるため腹部のつぼ押しをすると、創部に対する負担が大きいのではないかと考えています。そこで質問なんですが、まず、手術直後の患者につぼ押しをしていいのか、また、実施していいのなら腹部でも問> 題ないのか、腹部がだめならどこのつぼが効果的なのかを知りたいと思ってます。  よろしくお願いします。


F・R様へ

こんにちは!
ツボ探検隊の松岡です。

早速ですが、術後の便秘は一般的な便秘症とは違い、テクニカルなものですから普通の便秘のツボからは多少は変える必要がありますね。 患者さんも開腹した部分にはナーバスになっていますから、まず腹部や腰にはやはり触れない方が良いでしょう。

便秘の「手足のツボ」といえば基本的には「支溝」(しこう)「照海」(しょうかい)が有名ですが、手術時の麻酔による後遺症でしばらくはどうしても胃腸の動きが悪いので、まず胃腸全体を動かすツボも選択します。
胃経の足の三里(あしのさんり)が適当でしょう。

婦人科疾患のツボでもある「血海」(けっかい)「三陰交」(さんいんこう)もプラスします。
これらのツボは婦人科疾患全般の特効ツボで、血行を良くして術後の回復も助けるツボです。
貧血が有れば「曲池」を加えます。

患者さんの手術による精神的ショックが大きく落ち込み気味で有れば「太衝」(たいしょう)或いは少し前方の「行間」(ぎょうかん)も加えます。
刺激順は手が先で足が後です。指圧ならばゆっくりじわっと押します。
グッと応える反応が有れば、そのポイントを押したままで1〜2分停止。 最近他のご質問者によくお勧めしています、ホイル玉を貼るのもグッドです。ただしこの場合は「ツボ探し」を丁寧に「一つ一つのツボ反応」を確認しマーキングの後に貼ります。

●外関(がいかん)
手首の外側の横筋の線から身体に向けて指を横に二本並べた長さ(約3センチ)の所

●支溝(しこう)
手首の外側の横筋の線から身体に向けて指を横に3本並べた長さだけ上の所
(手首から約5センチくらい上の所。手の長さにより個人差が出ます)押すと鈍い痛みが有るか否かを確認すること。鈍い痛みのある部分を優先のこと。
「支溝」の前のツボ、「外関」の方にも痛みが有れば両方刺激しても良い。
●「曲池」(きょくち)
肘を曲げて出来る横筋の外側の先端の陥凹部
反応次第ではこのポイントより少し手前を取ります。(新曲池)
●足の三里(あしのさんり)
むこうずねの骨の外側を膝から3寸(約5〜6センチ)下がった所


※手親指の横幅を約1寸として計って下さい。

●太衝(たいしょう)
足親指と人差し指の間をたどり、二つの骨が出会う所

●行間(こうかん)
足の親指と人差し指の間の付け根の陥凹部。太衝の少し足先にある
●「血海」(けっかい)
膝を曲げた時の膝骨の内側から約指3本分上がったところ。
婦人科の患者さんは必ず押すと激しい痛みが有るツボなので、
膝の内側を太股に向かって4〜5センチ辿り、一番痛いところを血海としても良い。


●照海(しょうかい)
足首内側のくるぶしの下の凹んだ所。
●三陰交(さんいんこう)
内くるぶしの上約5センチの所 腓骨内側面の後縁
★足のツボの位置的概観図

「足の三里」ツボの少し下方外側にある盛り上がった筋肉上「豊隆」ツボは今回は特に必要有りません。術後の水分代謝の排出に問題が有ればプラスしても良いとします。



Q & A に戻る
ツボ探検隊の表紙に戻る