★ 慢性的な肩こり腰痛 ★
> 名前 = O・H
> 性別 = 男性
> age = 40to49
> メッセージ =
> 私は仕事柄腰が痛かったり肩こりがなかなか取れません。 腰痛はピキッとくるのですが妻に足をひっぱてもらってバランスを取り、柔軟体操をすることで筋を伸ばしてよくなったようです。これは正しい処方ですか?
> 肩こりは揉んでもだめ、ストレッチの効果も一時的です。 今は磁力に期待して130ガウスというのを貼ってますが良くわかりません。 薬局で針のついたテープを見ましたがこれはどうかと考えています。
> 業務用で皮内針とかあるようですが同じものなのでしょうか? 皮内針も同じようにテープがついていたり体に入ってしまわないような構造になっている。 ものなのですか? 効果の程はどうなのでしょうか?
> 宜しくお願いいたします。


ツボ探検隊の松岡です。
当方のパソコンの不具合で長い間メール機能が使えず、返信が遅れて失礼いたしました。さて御質問に関して

>私は仕事柄腰が痛かったり肩こりがなかなか取れません。
>腰痛はピキッとくるのですが妻に足をひっぱてもらってバランスを取り、柔軟体操をすることで筋を伸ばしてよくなったようです。 これは正しい処方ですか?


腰痛を足で対処するのは正解です。日頃からしっかり歩きましょう。

> 肩こりは揉んでもだめ、ストレッチの効果も一時的です。
> 今は磁力に期待して130ガウスというのを貼ってますが良くわかりません。
> 薬局で針のついたテープを見ましたがこれはどうかと考えています。


「肩こり」もピンキリで、それこそ早期ガンの自覚症状が「肩こり」だけの方も全然珍しくありません。これは腰痛の場合も同じです。
つまり大部分の方々の「肩こり」は他の身体部分の不具合の余波が肩に及んでいるだけですから、肩のこってる局所だけを刺激しても単なる一時抑えにしか成りません。
貴方の場合はやはり腰痛と同列に考えるべきで、腰が治ると肩こりもずっと良くなるはずです。特に他に問題がない場合は足の鍛錬に重点を置く方法がお勧めです。
要するに身体の力学的重心を太股(ふともも=宗筋)に持ってくる感じに訓練すると背筋力が付いて背中から腰が強くなり肩の血行も改善されます。首の凝りも有るはずですのでこれも同時に良くなるでしょう。無理のないスケジュールで散歩に加えてスクワットなどを日頃から行って鍛えて下さい。

> 業務用で皮内針とかあるようですが同じものなのでしょうか?
> 皮内針も同じようにテープがついていたり体に入ってしまわないような構造になっているものなのですか?


皮内針は針の付いている柄の部分が平板な片に成っていて皮膚上に乗っかる感じです。身体に垂直に刺すのではなく、皮膚を横から薄くすくう様に皮下に並行に添わせて1o〜2o程度差し入れるのです。一端入れてしまうとまったく痛みは有りませんから針が入っていることは直ぐに忘れます。皮膚の下で針がそっと横たわって眠っている感じですから違和感が無いのです。
もっとも皮内針も先に述べました如く慢性的な肩こりの方に対しては一時押さえに過ぎません。この様な方々には上半身に上がりすぎたストレスを足まで下げて全身的なバランスを整える治療が必要なのです。

皮内針は念入りに消毒を行った後でピンセットで皮下に刺し絆創膏で固定します。
腕手首の内側のツボ{内関)辺りに1ミリほど刺しています。実際にはもう少し寝かせて刺します。

症候性ではない単純な肩こり、腰痛、筋肉痛などにはピッタリです。按摩が良く効くタイプならば皮内針の方が按摩よりも効果が長持ちします。



Q & A に戻る
ツボ探検隊の表紙に戻る