★逆子を治すツボ
名前 =T
性別 = 男性
age = 20to29
メッセージ =
三陰交のツボが、妊娠中の逆子や下腹部の張れによく効くと聞いたのですが、本当なのでしょう か。是非教えてください。
また、他にいい方法等があれば併せてお願いします。


こんにちは! ツボ探検隊の松岡です。
早速ですがご質問に関して答えさせて頂きます。
三陰交はいわゆる「安産のツボ」で有名ですね。
不妊症にも生理不順にも使う 婦人病全般のツボでもあります。
確かに妊娠中の不快な膨張感にも効きます。

しかし。「逆子のツボ」は別にもう一つ在ります。
これはものすごく効果が高いツボです。
このツボは至陰(しいん)と呼びます。
足の小指の爪の根元の2ミリ程度外側です。
(添付した画像を良く見てくださいね)
椅子に座っても良いし膝を立てて腰を下ろした姿勢でもいいです。
マジックで印を付けてここに千年灸か何かでお灸をします。
思わずアッチッチと叫ぶくらいにしっかりすえます。

千年灸なら全て火が消えたら取り去って、
この一ヶ所に3〜5壮位は繰り返しす えます。

水ぶくれが出来たらやけど用の軟膏を塗ってください。
(上記の三陰交もプラスして同じようにお灸をしてください。)
ほぼ毎日胎児が回転するまでやってください。
(逆子はほとんどの場合、数回のお灸で治ります)

このツボは副腎皮質ホルモンの分泌を促し子宮の動きを活発にする効果があり そのために胎児が回転すると考えられています。
ですからお産の時も子宮の収縮を良くして難産を防ぎます。

お産の最中でも難産に移行し始めたら、
急遽ここにお灸をすえると、すぐに安産に変化させられるとも言われています。
生憎とこちら方の効果はお産の現場に立ち会った経験が無いので確かめていませんが

それから妊娠中に動悸や息切れなど心臓に負担がかかって苦しい場合は 「内関」にもお灸をしてください。冠状動脈の血流を改善する効果があります。
これもすぐに効果が実感出来るツボです。 頑張ってやってくださいね。

この小指の先にお灸をします。
しっかり熱く感じないと効果がありません
臨月近くの動悸や息切れなどの心肺症状を改善します


Q & A に戻る
ツボ探検隊の表紙に戻る