★ 末期肺ガン症状を緩和したい ★

> 名前 = HONOT
> 性別 = 女性
> age = 30to39
> メッセージ =
> はじめまして。
> 母が末期肺がん(骨、肝臓などに転移)、脳下垂体に膿のようなものがたまって、入院中です。
> 症状も結構でているのでつぼで緩和できるものがあれば教えてください。
> せきがひどい。 声がかれている 両脇のあたりがひどく痛む。 よろしくお願いします。


ツボ探検隊の松岡です。
当方のパソコンの不具合で長い間メール機能が使えず返信が遅れて失礼いたしました。
さて何と申しましょうか、貴女のお母様ですとまだまださほどのお年でも無いでしょうに、誠にお気の毒なことです。
かくなる状態に至りましてはどの様な方策を採りましても本質的な回復を望む事は出来ないわけです。そこでツボ療法と致しましても欲を言えばキリがありませんので、お母様のお身体への負担を出来るだけ軽くする意味で一つ或いは二つ程度のツボを試される事をお勧めします。
(実はツボ刺激も数多く行うと身体は一つ一つの刺激に対してリアクションを起こす為に結果として相当なエネルギーを使うのです)
今、私が提案できる方策は二つです。
@肺機能に良い影響を与えるツボを使う(肺経という手の平の親指側ルート上のツボを用いる)
肺のちょうどま後ろに当たる背中に「肺ゆ」というツボがありますが、心理的負担を考えて敢えて手のツボだけをお勧めします。
(もしもこの背中の「肺ゆ」などのツボも加えて本格的なツボ療法をご希望でしたら、電話帳などで探して鍼灸師に往診を依頼して下さい。出来れば鍼灸師に最初だけでも正しいツボを取って貰って下さい。)

ご自分で行う場合ですが、薬局で「せんねん灸」の様なお灸具を買われてこのツボに行って下さい。「ツボ」というと「指圧」を思い浮かべられる方が多いのですが、指圧は大きな力(G)が骨格にまで加わるのでお母様のケースでは新たな損傷を誘発し易く危険です。又今の症状を治める事も難しいのです。

貴女に出来る手段はお灸しか有りません。お灸の場合はツボ一カ所に少なくとも三度はお灸を繰り返して下さい。一度すえた後、火の気が消えたところで燃えカスを取り除いて同じ場所に繰り返しすえます。
おそらくお灸を行った後しばらくは症状が楽になるはずです。
ご本人が熱さに耐えられればこれを1日に何度も繰り返して下さい。むしろ熱さよりも快感が有る場合も多いのです。
ガンの場合は一端症状が治まっても治りきらず必ず再び症状が現れます。再び症状が現れるまでの時間が短いほど重症(末期)と言う事になります。
(実は単なる「肩コリ」の鍼治療からでも短期間での症状の再来から早期ガンを発見することが有ります。普通は鍼でしっかり治した「肩こり」は簡単には再発しないものなのです。)

「尺沢」」●「孔最
腕の内面:親指側(肺経)に有ります。当該部分を押して凹みや痛みを確認して決めて下さい。決めたツボにはマジックで印をしておき、ここにお灸をします。
肺機能を整える働きを持つツボですが、この肺経ルート上ならば以下のツボにこだわらず極端に痛みが有るところにもお灸を試して下さい。 咳や痰、肺や気管の症状を緩和するツボです。
「曲沢」「少海」
脇の下の痛み、健やかな呼吸には肘の内側にあるこれらのツボが良いでしょう。 前記の「尺沢」「孔最」ツボのお灸で咳が少し治まってきたらこれらのツボにも再度お灸をするか又はじっくり揉んで上げて下さい。揉むと相当に痛むはずです。揉んでツボが強く痛むほど比例して脇の下の痛みが軽減します。
止咳
咳を止めるための奇穴です。
奇穴とは全身を巡る14経絡(ルート)上のツボではなく一つの症状に特別な効果(特効)を持つツボです。やはりお灸がベストです。
ツボの位置を文章で説明するよりも画像を見ていただいた方が分かりやすいと思います。押して強い痛みを確認して下さい。
   高麗手指鍼療法
A韓国で発見された全身を治療する手のツボを使う方法。
両手の「中指」全体と手のひらの内側中心部分のあんまやお灸〔間接灸)刺激を行って下さい。手の平の画像上の点を強く押して確認して下さい。ここも本来は鍼や灸をするツボですので揉む場合は相当強く揉まないと効きません。特に痛む点が見つかれば鍼の替わりに「爪楊枝の後ろ側の丸い所」でぐうっと押し込んで下さい。手のツボはツボを押して痛いほど症状に対する効果があります。
高麗手指療法とは上記@の尺沢、孔最ツボなどの様に体表から問題臓器に向け刺激を波及させて治そうとするのではなく、心肺機能をコントロールしている脳に向けて刺激を送って治そうとする方法で、脳への刺激に成功すればむしろこちらの方が即効が有ります。 見事に成功した場合の治っていく感覚が中国で発見された従来のツボとは全然違うので非常に面白い治療法です。簡単に表現すると身体が病気の記憶を失ってしまう様な治り方をします。あの苦痛は夢か妄想だったのか、やっと悪夢から覚めた様な、覚めてしまうと何の痕跡も違和感も身体に残っていない、病気だった事が嘘みたい・・的な治り方をします。それは苦痛が徐々に消え去りながら癒されていく治り方ではなく、苦痛の全体量が一度に握りつぶされて消えて行く治り方をするからです。
一方で全身を使った中国で発見されたツボで治した場合は治った後も以前はそこに病気が存在した痕跡を頭や身体がしっかり憶えている感じです。以前は○○痛が有ったけれども今は無い、という感覚ですね。つまり、体内でスタートした治癒プログラムは一つ一つ明快に積算されながら展開していくので、治ったとしても決して前の病気が妄想だった様なキョトンとした気持ちには成らないものです。

 パソコンで例えますと、中国で発見された従来のツボ療法は不要なファイルを一個又は数個ずつ削除していきながら、状態を整える感じで治していきますが、高麗式は不要なファイルをフォルダごと一気に削除して整えようとする方法のツボ療法です。
 


Q & A に戻る
ツボ探検隊の表紙に戻る