こんな風にもんでね!
手もみの方法


手もみと指押しの方法
「労宮」の指押し《指圧) 「内関」と「外関」を同時に押す    「合谷」の指圧

4本指で手もみすると強い刺激が得られます。
各指骨の間を揉みます。 上から下へ痛む所はじっくり押さえます
合谷のツボはこの部分です 人差し指に沿って揉む場合

色々なツボ刺激方法
●手首を内側に顔を洗うような手つきで素早く回転する方法
●指を屈伸する、両手の指をお互いに強く組んで押す。
●強い刺激方法=4本指で押す方法
●中程度の刺=人差し指、親指で押す。
※どちらも指で押すときは長い爪の方は爪を切っておいてください。
●爪楊枝を4,5本ゴムで括って叩く方法。
●堅いブラシでこする方法
使い古しの歯ブラシやボディブラシでこすります。
●突起物を貼る方法
米粒、スナップ、アルミホイルを小さく丸めた物などを布絆創膏で貼ります。
貼っている時間はその突起物の大きさで決めます。大きいモノは短時間に。
皮膚に張りがある若い人は短めに。
●温灸
生姜を薄切りにしてツボに乗せ、モグサですえる。
千年灸等ですえる。
刺激方法等へのご質問はこちらからどうぞ!

手もみ治療の注意点

手自体の筋肉や関節、神経炎など病気がある場合と「ツボ」反応とを判別して下さい。その場合は医師とご相談の上で行う様にして下さい
力任せに揉まない事
手を熱心に揉み過ぎて気分が悪くなったら「足の三里」を4本指で強く押して下さい
どうして手で健康がわかるの? 症状別手もみのツボ
手にはツボがこんなにいっぱい 手のツボの表紙へ