いつも痛い腰痛 
> 名前 = A,T
> 性別 = 男性
> age =under20
> メッセージ =
>(いつも痛い)腰痛について、
>はじめまして、こんばんわm(_ _)m私は、17歳の高校生です。今日相談したいのは>、私の腰痛の事のについてなのですが、何時、どんなときも腰が痛くて仕方がありま>せん。MRIをとったり、接骨院に行ったり、整体を受けたりといろいろと試しては見>たのですが、効果が感じられません。しかも、MRIの検査結果を見ても原因不明という診断結果しか得られませんでした。結果が不明ということは非常に不安ですし、このままでは高校の授業にも集中できないので、ストレスを(痛みを感じるため)感じます。私は、高校でラグビーをしているのですが、それが原因なのでしょうか?もし、そうだとしたら、今後どのようにしたらよいのでしょうか?

こんばんは、ツボ探検隊の松岡です。

さて唐突ながら、私の所に腰痛治療に来られる患者さんの多くが辿ってきた道筋をお話しします。まず最初に整形外科に行っておられます。ここでMRI、CT検査等を受けていますが検査では特に大きな問題も発見されず、しかし痛みは治らず、業を煮やして接骨院の門を叩き、遂には整体にまで通い出すもまだまだ痛い、その後誰かに私の所を紹介され、やっと私と「こんにちは」とお会いすることに成っています。
そして初めて自分の腰痛の本質を知り、間もなくすっかり治ってようやく長かった痛い腰痛ドラマにエンドマークが流れるのです。


腰痛で医療施設を転々とし、長く苦しんで居られた皆さんが手前味噌ながら私の元で実にあっさり治っていくので、別段特殊な能力の持ち主でも無い私としてはむしろ大いに戸惑ってしまうのです。
それで逆にどうして他の施設に長い間通いながらも皆さんが治らなかったのだろうかと真剣に考えてみるのですが、おそらく整形外科や接骨院、整体では、「この腰椎の辺りが悪いらしい」程度の腰痛を起こしているアバウトな問題部分は指摘できても、ピンポイントで「ココのこの部分に直径□□サイズの筋肉のキズが存在する」というミリ単位の具体的な損傷の質量サイズの的確な把握が出来ていないのではないかと思われるのです。
もしも出来ていれば、その核心を集中的に治せば痛みは速やかに消えるので勝負は早いはずで、たった一回の治療でも少なくとも痛みの半分程度は取れないとおかしいと思います。
要するにしつこい腰痛はアバウトな診断と治療をどれだけ数多く重ねても決して治らないのだと云うことに思い至るのですが、しかし実際には整形外科に行っても「ピンポイントの筋肉のキズ」はMRI等の検査でも引っかからないので「ファーストオピニオン」である医療機関でも消炎鎮痛剤以外には手の施しようがないのでしょう。


鍼と整体や接骨との違いをもう少し詳しく云いますと、鍼は先ずツボ反応(直径1o〜1p平方の主に円形に現れる局所的皮膚劣化現象)が皮膚表面に出ていないかを探る事で問題カ所(筋肉の損傷)の絞り込みを行います。
筋肉の損傷が内部に有れば、必ずその体表部に反映された皮膚劣化点(これをツボと呼びます)が現れていますので、そこで発見された点に鍼を刺し込む事で今度はミリ単位のピンポイントで損傷部位の深さと大きさを探し当て実際の損傷レベル、キズの深さと悪質度を察知します。

この痛んでいる内部に直接に鍼を入れることで、痛みを発している筋肉の損傷、キズの的確な絞り込み治療が可能なのは(将来的にはもっと良い治療法が発見される可能性は有るでしょうが)今のところ、鍼治療だけなのです。
その為に私の元には特定の筋肉を酷使する各スポーツ選手、ロッククライマー、楽器奏者、ダンサーの皆さんが一日でも長く現役生活を続けるために通われています。特に陸上競技の選手ではだいたい治療開始後1ヶ月程度で自己ベストが出ていますので、如何に損傷レベルのミリ単位の特定治療が素早い効果を発揮するか、同時に如何に生命の自己修復能力が高いか、私自身が治療を行いながら毎回他人事の様に驚かされています。
それともう一つ、貴方のメールから察すると、スポーツを行う者特有の筋肉疲労も当然有るはずですが、特に精神的要素も含まれている可能性があります。それは「何時、どんなときも腰が痛くて仕方がありません」とお書きになっていることです。特定の筋肉に損傷がある場合は姿勢(体位)を変えることによって痛みが増減するはずで、決して何時もどんな時も同じ様には「痛い」はずは無いのです。
必ず余り痛くない体位や姿勢がなければおかしいのですが、これが無い場合は精神的要素が非常に大きい腰痛であると考えられます。
もちろん精神的要素が大きい場合は一般的な腰痛治療に加えて「仮面うつ病」などの精神科鍼灸の治療も加えないと治りませんので、治癒までの期間は少し長く成り、2〜3ヶ月かかる可能性がありますが、どちらにしても必ず治るものですから、もしも本気で腰痛からの解放を望んでおられるのでしたら、たった一度だけで結構ですから、私に診せて下さい。
僭越ながら私は開業後40年近く成りますので、既に数十万人の方々の腰を診ています。
痛みを発している部分を特定した正確な診断と治癒までの治療の進め方を書いたカルテをお渡し出来ますので、実際の治療はこのカルテに従ってお近くの親切な鍼灸院で治して貰って下さい。

                                                      05.1.28



Q & A に戻る
ツボ探検隊の表紙に戻る